おまとめローン登場の背景

◆バブル崩壊
日本の景気をリードしてきたバブル経済が破綻した頃、大手の金融機関の経営も相次いで破綻する事態を迎えました。
銀行が客に融資を渋る時代になって、その代わりにいくつもの金融機関から借金と返済を繰り返す人が増えるようになったのですが、多重債務者の増加が社会問題化するようになりました。
この前後に、消費者金融は業界として飛躍するチャンスをつかみます。
◆規制緩和
1990年代後半を過ぎると、金融ビッグバンが起こります。
これは銀行の世界での、大規模な規制緩和政策でした。
その結果、大手の銀行がどんどん合併していきましたが、それができない中小の銀行にとっては、生き残りのために客に今まで以上にたくさんのサービスを行う必要が生まれました。
これが、おまとめローンが増える原因の1つとなりました。
◆2000年代
21世紀に入って何年も過ぎると、おまとめローンをスタートさせる銀行が増えるようになりました。
ローンを抱えている債務者を、長期プランで顧客に取り込むことができるのが金融機関にとってのうまみです。
おまとめローンが脚光を浴びるようになったのは、時代の移り変わりの結果といえます。

現在は、金利の安さと安心感で東京スター銀行楽天銀行スーパーローン等のおまとめローンで借金を完済するケースが増えています。

【東京スター銀行】

限度額:1000万円
約定金利:4.6〜13.6%

【楽天銀行スーパーローン】

限度額:500万円
実質年率:4.9〜17.8%


TOPに戻る[0]
ページのTOPに戻る[*]

お問い合わせ
友達に教える


©ゼロから知る
おまとめローンのすべて